弁護士と債務整理

最近では大人だけでなく学生でも作れるクレジットカードやカードローンというものが増えてきています。一方カードローン利用者のうち多重債務となり、借金生活になってしまう人も少なくないようです。長年借金に苦しんでいるとそこから抜け出すのが難しくなります。一人で考えているとなかなか見通しが立たず迷路に迷い込んでしまいますので、なるべく早く専門家に相談することが大切です。弁護士に相談するなどして債務整理の準備をすることが問題解決への近道でしょう。

債務整理という言葉自体はときどき耳にすることがあると思いますが、債務整理という言葉の中には3つの違った手続きが含まれています。まず「任意整理」そして「民事再生」最後に「自己破産」という三種類があります。任意整理というものは金利をカットして借金の総額と月々の返済額を減らして効率良く借金を返していくものです。過払い金などが発生している場合にはこの任意整理をして過払い金が借金残額を相殺して借金残がなくなったという例もあります。

民事再生の場合は裁判所の判断で借金の返済が困難であると認められた場合、減額された借金を数年かけて返済していくという方法です。さらに自己破産の場合は借金の返済自体が不要になりますが、自分が持っている資産や財産を手放すことになります。このように債務整理の中には三種類の手続きが存在しますので、それぞれ状況に応じたチョイスをしていくことになります。そこで弁護士など専門家に相談してどのような手続きを選ぶかを考えていくことになります。当サイトでは弁護士について説明しますのでご参考ください。