弁護士と司法書士

債務整理に関して情報を調べ始めると、弁護士が開設している窓口と、司法書士が運営している窓口の両方があることに気づくと思います。司法書士の場合は個別の借金額が140万円以下の場合に限って法律相談、減額交渉、そして訴訟ができるようです。それに対して弁護士であれば140万円以上であっても代理人として貸金業者と交渉から訴訟までおこなうことができます。

それで負債に関する相談やサポートを手広くおこなってもらえるのは弁護士ということになります。もちろん司法書士の事務所で対応してもらえる案件もあると思いますが、どちらに相談するか決めかねているならば、弁護士に相談すれば間違いないでしょう。

債務整理・借金返済の無料相談なら弁護士法人アディーレ法律事務所…LINK

もしも司法書士の事務所に任意整理などを依頼する場合にはその司法書士が間違いなく認定司法書士の資格を有しているか確認しておきたいものです。本来司法書士は不動産に関する登記や、会社に関する登記をおこなうことが専門ですので、弁護士とは根本的に専門とする仕事が違うということも覚えておきましょう。最近CMなどで盛んに言われている過払い金の返還手続きに関しても、額が140万円を超えてくる場合司法書士には交渉権がないとされていますので気をつけましょう。